第一の儀式について

 

 

ここで言う儀式とは、ヨガで言うところのポーズのことです。即ち、第一の儀式と言うのは第一のポーズと言う理解で問題ありません。儀式と言うと、何か魔物でも召喚するのだろうかとか、どんなことをするのだろうかとか、疑問に思われることがあるでしょうが、心配はいりません。普通の体操です。それを儀式と呼ぶのは、この体操の背景にチベット仏教などの宗教的な、神聖な意味があるからです。第一のポーズとも言うべきこの体操の動きは、至って簡単です。両腕を真直ぐ伸ばして広げて、肩の高さまで上げて、くるくると右回りに回転します。その際に、出来るだけその場から動かないことが、この体操のポイントです。
この体操は、ただ楽しいからくるくる回っているとか、或いはなんとなく回っているとかそのようなことではありません。こうしてくるくると回るだけでも、きちんとした神聖な意味があるのです。それは、第一のチャクラと呼ばれるムラダーラチャクラと言うところに、大地のエネルギーを吸い上げる儀式として行うのです。何故、第一のチャクラに大地のエネルギーを吸い上げるのが一番最初の儀式かと言うと、体の中のエネルギーの回路のスイッチをオンにすると言う意味があるからなのです。”

コメントは受け付けていません。