第五の儀式について

第五の儀式と呼ばれている体操は、息を吐いてうつぶせの状態で腕を伸ばし、

 

反った姿勢になります。そして息を吸って腰を上げて、横から見たときに三角とな

 

ることを繰り返す体操です。具体的には、うつぶせの状態になるところから始めま

 

す。足を腰の幅に開き、つま先を立てます。この時、手は胸の横や、頭の方に指

 

先を向けて床につけておきます。その姿勢になったら、息をゆっくりと吐きながら、

 

身体をゆっくり反らせていき、腕を伸ばしていきます。上を向いていくイメージで行

 

いましょう。そして、息を吸いながら、お尻を上げていき、三角の姿勢になるまで

 

上げていきます。かかとは床につけた状態で、足の裏を伸ばします。

 

足の裏と手の平を使って、更にお尻を上に向かって突き上げていきます。

 

生きるエネルギーを思い出させてくれる動きとして作られた体操です。

 

胴体から頭へとエネルギーを移動させていくイメージです。

 

人間の赤ちゃんが直立立ちをする進化をイメージしています。

 

この体操は、繰り返すことで呼吸体操としてもすぐれているので、深い呼吸をしな

 

がら、全身を凝り固まった疲れなどを解き放ち、ほぐすことができます。

 

そして、身体全体を活性化させることができます。

コメントは受け付けていません。