チベット体操をする前の注意点

 

 

体操を行うにあたって、注意するべき点がいくつかあります。注意点といっても禁止事項ではなく、体操の効果をより強く引き出し、効率よく得られるようにするためのものととらえてください。
一つは行う時間帯で、これは朝がベストといわれています。起き抜けにコップ一杯の水を飲み、しめつけのない、リラックスできる服装で行います。しかしこの時間帯以外はだめということはありません。朝に行うのが難しいという方は、夕方でも夜でも、都合のよい時間帯でかまいません。
ただし、回転系の動作が含まれるため、食後2時間はあけてください。また、できるだけ毎日同じ時間帯に行う方が効果があります。
このチベット式の体操はもともとインドのヨガがチベットに伝わったものです。そのため、ヨガがそうであるように、体操の動作以上よりもむしろ大切なのは、呼吸の方です。
お腹を膨らませるようにして息を深く吸い込み、お腹をへこませながらゆっくりと吐き出す、いわゆる腹式呼吸によってツボを刺激し、体を活性化させます。
体操の動作を行う間は基本的に腹式で息をするのが基本ですが、体操をはじめる前にもしばらく行い、心身をリラックスさせてから動作に入ると効果的です。

コメントは受け付けていません。